2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
初めてのちゅてい

 

 

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
ポテンシャル

 

 

ウィペットパピー、生後1ヶ月。

 

知能アップのため、できるだけ話しかけています。
「おいでー!」の練習も始めています。
イタグレパピーもいつも生後一ヶ月で呼び戻しを完成させています。

早熟な3頭は(ぴかり、ぐれみ、おへそ)、目を合わせる、話しを聞く、抱っこの嬉しさが入りました。

「おいでー!」と呼ぶとニコニココロコロと走ってきて、抱き上げるとクフンクフンと顔をうずめて甘えてきます。

 

かわいい(笑)。

 

感情が芽生えてきた子たちから、引き出しています。
犬の持つ果てしないポテンシャルを引き出してやらなかったら宝の持ち腐れで、せっかく生まれてきた彼らに申しわけありません。
巣立つまでのあと1ヶ月間、毎日家族みんなで勉強会です!

子犬とご家族の一生に密接するこれらの英才教育が販売価格に含まれています。

 

写真はオーナー様募集中の三男です。

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [わたしの日記]
生と死

 

 

計量スプーンとスポイトをしまいました。

 

今回の出産、うまく育たない子がいて、いつ頭数が減るか心労からのスタートでした。
聞かれても頭数を言えず、写真も撮れず苦渋でした。

 

一頭だけ箱に入れて、タオルでくるんでアンカであたためました。
夫婦で二時間おきにスポイトで粉ミルクを与え続ける寝ずの子育てでした。
たった10ミリが飲めなくて口に押し込み、それがやっと20ミリになり。
パイパイ吸えず、哺乳瓶で練習をさせました。
動物園の飼育員さんみたいですね!

 

2週間近くたち、小箱から産箱に戻す時、幼稚園の柱の影からこっそり見守る母の心境でした。
ちっちゃくても、みんなと一緒に行動する姿を見て、「やればできる、やらせればできるんだ」と教わり感動しました。
気を確かに持つのはわたしの方で、親より子どものほうがよほどしっかりしています。

 

何日も220グラムから増えず、必死で粉ミルクをあげて、今は800グラムになりました。
粉ミルクを卒業し、みんなとフードを食べて、みんなとともに行動しています。
No.5も800グラム台なので、だいぶ追いついてきました。
小さいがゆえに身軽で、一番最初に産箱から脱出!
生まれたてのウミガメみたいに、ピョコピョコ元気に歩いてかわいいです。

 

獣医師歴40年、イタグレブリーダー歴25年の師匠に言われました。
「今までの出産が順風満帆だっただけ。育たない子を育て上げるのがうまいブリーダー」
必死に命を守っているだけでわからないけど、やれたのかなと自分を評価しています。
次はもっと上手くやれるはず、、、生きものに同じケースはないんだけどね(笑)。
次回は7回目の子育て、11回目の産婆となります(まだまだですね)が、量より質と思っています。

 

わたしたちは生と死をいつも併せ持っています。
その振り幅の大小なだけで、いまこうしているわたしもそのセットを持っています。
そんな当たり前のことを犬たちは教えてくれます。
毎回わんこたちを育てながら、毎回わんこたちに育ててもらっています。
人間の小ささ、人間の狭さ、人間の思慮の浅さ、人間の狡猾さを。

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [わたしの日記]
無題

 

 

口頭ではよくお話させていただくのですが、記事にするのは初めてかと思います。

 

30年以上前かもしれません。
大竹しのぶさん主演の、未熟児のドラマを記憶しています。

 

母親は40歳くらい。
30年前のことですから、超高齢出産です。
早産の赤ちゃんは700グラムくらいでした。
内容はあまり覚えていませんが、強烈に印象に残っていることがあります。

 

「おめでとう! 男の子? 女の子? 何グラムだったの?」

 

みんなみんな、みんなそう声をかけます。
超未熟児で失意の底にいる母親が、「なんでみんな何グラムって聞くのよ!」と泣き叫ぶシーンを忘れません。
グラム数を聞く必要があるの? と。

 

なにせ大竹しのぶの迫真の演技です!
当時まだ未成年だったかもしれないわたしは、「何グラムと聞いたらいけない」とインプットされました。

 

ここからは頻繁に記事にしていますが、「小さい」を気にするのが母親です。
それはわんこも同じです。
「小さいと言われた」と泣きながら来店する飼い主さんは一人二人ではありません。
小さいは言わないようにしましょうねと発信し続けています。

 

それと似たようなことで、出産頭数をさぐられるのも辛い時があります。
現代は不幸も一瞬で全世界にばらまかれます。
わたしは我慢すればいいだけですが、子犬の名誉に関わります。
命がけで出産する純真無垢な母犬を守ってやるのもわたしの仕事です。

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
立ち飲み

 

生後一ヶ月、ウィペットパピーたちです。

 

早くも立ち飲みが始まりました!


子どもたちが大きくなって産箱が狭くなり、母犬が座れるスペースがなくなったからです。
ウィペット一家、さっそく大きな産箱に引っ越しました。

 

 

 

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [生活面]
「噛むのをやめさせたい」

 

 

試してみたらいかがですかというのを一つご紹介します。

 

何か美味しいものを自分の手にこすりつけます。

 

「むむ、いいにおいがする! なんかおいしいあじがする♪」と飼い主の手をぺろぺろなめるでしょう。

そしたらそこでほめちぎる、なめてくれてありがとう、なめてくれてうれしい! と連発します。

噛むよりなめると喜んでもらえるを知ってもらいます。

 

ここで「自分の大好きな飼い主に喜んでもらえる行為」、飼い主の笑顔=自分の幸せというのが重要なんですが、失礼ながら飼い主として認められていないこともあります。

人間界でも他者から認めてもらい、心通じる間柄になるのは、そりゃもう大変ですよね。

「こんにちは! わたしがママよ!」と言ったところで、ワンコはなおさら「はい、そうですか」とは思っちゃくれませんもの。

 

動物愛護管理法で、動物の所有者の責務として「その種類、習性などに応じて適正に飼育し、動物の健康と安全を保持するよう努めなくてはならない」との項目があり、正しい知識を持つよう勉強すべしと求められています。

犬にこうしろああしろ、あれするな、ダメダメ言う前に、書物を読むなどの勉強もし、飼い主だと思ってもらえるように努力するのが先というわけです。

 

初めて犬を飼う。

来た子犬も何も勉強していないし、飼い主も新米だしで、どう接したらいいのかわかりません。

えぇ、わたしもそうでした(笑)。

2頭目で「あぁ、わたしは何にもわかっていなかった」、3頭目で「わたしはぜんぜんまだまだだ」、4頭目で「4頭目でも初めて知ることがあるのか!」そんな感じです(笑)。

 

大所帯の生活をちゃんと作り上げていて、うまいことやってるな〜と思います。

犬は犬同士、やはり60日間母犬の元で生育するというのは意味があるのです。

それより前に迎える場合は、飼い主が母犬や兄弟のかわりにいろいろ教えなくてはならないから大変なのです。

 


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
女子チーム

 

 

バレンタインウィペットベビー 女子チーム

 

わたしはやっと見分けられるようになりましたが、だんなさんはまだわかりません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
お食い初め

 

 

生後21日。
お食い初めです。

 

おかあさんとイタグレのおばさんたちが見守る中、お口よごしていどのふやかしフードを食べました。
残ったご飯は母犬が食べます。

 

一つ行事が済みホッとしました。
みなスクスク成長しています。

 

四月半ばのお渡しです。
お問い合わせください。

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
ご提案

 

先日、すごく嬉しいことがありました。

 

パピーを探していらっしゃる方が、わたしの記事に共感したと、メールをくださったのです。
https://r.goope.jp/ippuku-puppy/free/profile

 

その後とんとんと進み、昨日ご来店くださいました。
すごいのはね、次回のパピーをご希望なんです!
おうちの事情、お子さんの成長に合わせ、来年子犬を迎えようと計画なさっています。
ペット後進国の日本も、そういった方が増えますようにと仕事しているので、血縁になる前から関係性を構築できるってほんとに嬉しいです。

 

そしてもうひとつすごいのはね、Temの写真をご覧になり、「見つけた!」と連絡くださったことです。
かわいいパピーに目が行くのが一般的なのに、パピーではなくTemに会いたいとご来店くださいました。

 

Temに会った方は、もしかしたら感じたかもしれません。
静かで良い子ちゃんなだけでなく、なんか不思議なオーラがあります。
Temみたいに綺麗で良い子になるのかな…この子の赤ちゃんが欲しいな...っていうか、てんちゃん連れて帰りたいんだけどー! って言われます(笑)。

 

週末、三組のお客様と面会しました。
ご検討中の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

 

写真はずんだれてる家庭犬モードのてんちゃんと、キリリとおすましモードのTem。

同じ犬とは思えません(笑)。

 

 

 

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
目が開きました

 

 

No.7 
グレオ(仮称)男の子 

そりゃもうしっかりした健康優良児です。


ブルーグレーブリンドル

やっと目があきました。 
ぼく、かわいい???✨ 


https://r.goope.jp/ippuku-puppy

 

 

 

 

 

 


 

 


| 1/345PAGES | >>