2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / - [パピー]
パピー情報

 

11月19日 

姉妹犬舎のlittle-wonderにて、Italiangreyhound赤ちゃんが生まれました。

 

ヨーロピアン、イザベラ、ソリッド

女の子1頭、オーナー様を募集いたします。


もちろん両親ともに優良血統です。
生活面や医療、フード、お洋服などなどサポートし続けます(獣医師です)ので、初めて犬を飼う方もご心配は無用です。
一般のご家庭でペットちゃんとしてかわいがってくださる方、この子と生きていきたい! という情熱あふれるオーナー様を求めます。

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [生活面]
できる

 

 

「うちの子できないんです」
多くの方から聞く言葉です。

例えば歯磨きをしだしたけど三日と続かず、そう言えばと思い出してはする、みたいな繰り返しではありませんか?
気分の良いときは猫なで声、イラつくと叱り飛ばしたり。

犬さんは人間のようにこざかしいことを考えずピュアです。
やるとなったらやる特性なのに、それが定着する前に人間が飽きちゃうんだな。
それを覚えが悪いと犬のせいにするのね。

しかし! わたしたちだって忙しいし、気分の良し悪しもあります。
「そんなにやってられないよ!」なのです。
だから、「決め事」はせいぜい三つではないかと思います。
犬さんはできても、わたしたちができないから、あれこれ欲張らないことです。

ルールは人それぞれですが、絞りこむとやはり危険回避や健康管理が最優先だと思います。
例えば、キッチンで立ち上がらないとか、人に向かって飛びつかない、歯磨きする...など。

犬さんの覚えが悪かったら、自分の態度にムラがあるのかもと省みたり。
心を一定に保つのは人間関係、社会生活でも重要です。

さて、いつものお約束。
犬さんは、脱三日坊主と脱欲張り、人生の選択を教えてくれる先生です!


comments(0) / trackbacks(0) [わたしの日記]
今の段階ではそれでいい

 

パーソナルトレーナーに言われたことがあります。

「今の段階ではそれでいい」

この一言、ものすごく奥が深いです。

すぐできることもあるけど、体のことはコツコツ積み重ねた先の先にあることばかりです。
でも人って先を急ぎたいし、結果を欲し、答えを知りたいものなのね。

山の裾野にいるときはせいぜい2キロ先の話しか理解できっこありません。
頂上の景色を聞いたってわからないんです。
自分の足で一歩いっぽ進み見る景色の先に頂上はあります。

裾野の人、半ばの人、頂上手前の人。
人のレベルやステージはいろいろです。

だからね、「犬の躾」をググっても、それは全員に、そしてその時のレベルには当てはまりません。
ビギナーさんには中級者向けの説明は合わないのです。
わたしたちもワンコも生き物で、流動的ですしね。
「ネットに書いてあるのは本当?」と質問されますが、間違えではないけど、正しくもないという事になります。

「今はビギナーでも、この子と一緒に景色を見ていきたい!」
その情熱に勝るものはないとわたしは思っています。
「うちの子ダメなんです」と犬のせいにするのではなく、なぜうまくいかないのか、どうすれば伝わるのか自分を省みる。

先を急ぐな、次の一歩のために今いる地面を踏みしめろ。
今の段階では、それでいいの。
今を丁寧に過ごす先に次のステージはあるから。


comments(0) / trackbacks(0) [商品について]
レクチャー

 

 

人気商品のハーフチョーク。
今日もレクチャーのお客様がいらっしゃいました。

引き締めたり、苦しがるようなことはしません。
命令なし、1分でわんちゃんがわたしに寄り添います。
ご覧になった方々はたくさんいらっしゃるはずです。

ほんとに何もしないでしょ。
あっという間ですよね。

スーッと力を抜きくつろぐ姿を見て、こんな表情を初めて見たと泣き出されるオーナー様もいらっしゃいます。

何をするかと言うと、飼い主さんにお話しするだけ。
わたしは訓練士ではないので、犬さんには何にもしません。

そう、できるんですよ。
犬さんは最初からできるの。
させられていないだけです。
それを「うちの子ダメなんです」なんて、もったいないったらあーりゃしない!
宝の持ち腐れです。
まずそれに気づかないと、犬さんは変わってくれません。

飼い主が考えを整えるだけで、犬の背筋がピンとします。
...ま、実際に体験しないと、読んでもわからないですよね。

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [生活面]
エレガント

 

 

イタグレやウィペットを選んで飼った方は、なんとも独特な肢体を見そめたのではありませんか?

それ、言葉で表すと、「エレガント」です。
人それぞれの理由はあれど、エレガントな雰囲気が気に入ったのはもれなく含まれているはずです。

でも、実際の生活はどうでしょう?
エレガントな犬をエレガントに引いていますか?
リードというヒモで、エレガントにリード、エスコート、誘導していますか?
技術的にできていなかったとしても、エレガントさに惚れて連れてきたはずの犬に、そういう気持ちを持ち続けてあげられていますか?

こら! だめ! なにやってるの!
エレガントとは逆のドタバタではありませんか?

服装などではなく、「心意気」です。
気持ちを掲げるって大切ですよ。
そっち方向に寄っていきますからね。
優雅に接しなければ優雅さを知らない犬が育ちます。
コラ、ダメだとコラ、ダメの犬ができあがります。

「エレガント」に、です。
美しい言葉でしょ。


comments(0) / trackbacks(0) [商品について]
かわいそうはかわいそう

 

 

「洋服を着せていたら肌が赤くなった」とのお電話をいただくことがあります。
使用状況をうかがうと、

「24時間着せっぱなしで1週間脱がせていない」
「厚地のフリースロンパで寝かせている」
「コートを重ね着させて寝かせている」

【寒くてはかわいそうだから】と続きます。

お気持ちはわかりますが、違うかわいそうを引き起こしてはいけません。
「もしご自分がそんな格好で寝たら辛くないですか?」と説明するとみなさん納得してくださいます。

ロンパースは首と後ろ足がつながっています。
背を丸めると喉元がひっぱられるので、狭いクレートの中で長時間同じ体勢でいたら、首が赤くもなるでしょう。
クレートや室内で着せる場合は、「上半身だけ」のTシャツやタンクトップが楽に横たわれます。
4本足ロンパースは基本外出着です。


comments(0) / trackbacks(0) [生活面]
引き算の練習

 

 

 

「就寝中にどうやって寒さをしのぐんですか?」との質問。

動物を飼ったらエアコン代をケチってはいけませんが、ケージの下に小さなホットカーペットを敷くのも工夫の一つです。
その場合はケージの底全面に敷かず、少しずらすしておくと、自分で移動して温度調整します。

寒くてはわいそうの一心で、最強温度に設定して火傷や致死させる方がいます。
何ごとも一方向だけでなく、もし逆になったときも想像し、逃げ道を確保します。

かわいさ余ってかわいさ千倍のわたしたちにとって、足し算と掛け算は喜びで、引き算と割り算は苦しみです。
しかし、過ぎたるは及ばざるが如し。
がんばって引き算するのも重要な愛情です。


comments(0) / trackbacks(0) [わたしの日記]
無知は残酷

 

 

十年ほど前、イタグレを飼っている女性がサイトを見て電話をかけていらっしゃいました。
一人暮らしの彼女は癌になってしまったそうで、イタグレをもらってくれる人を紹介して欲しいとのお話でした。
見ず知らずのわたしに頼るほど困っていたわけです。
犬なんか飼っている場合ではない ! とパニックでした。
間をあけず翌日電話しましたが、「もう買ってもらった、もういない」とのことでした。
電話帳で引き取り屋を見つけ、数万円を支払い引き取ってもらった、きっといい人に飼ってもらえるだろうとおっしゃっていました。

...無知は残酷です。

知り合いにも癌や病を患っている人はたくさんいます。
犬がいるからこそがんばれるとおっしゃる人もいれば、逆に負担になる人もいます。

ファミリーが大勢いるippuku犬舎は、親戚宅をお泊りしながら飼い主の退院を待てます。
知らないところに手放す選択はわたし達にはありません。
「人も犬も一人ではない」も、ブリーダーから迎えるメリットとの一つで、わたしがブリーダーをしている理由でもあります。


comments(0) / trackbacks(0) [生活面]
オシッコなんて拭けばいいのよ。

 

 

パピーちゃんがトイレを覚えられないお悩みもありますね。
一般的な方法もお伝えしますが、先々出なくなったときのお話もしています。

年を取るとボケてトイレもわからなくなります。
老化で腸の動きが悪くなり、指でウンチをかき出してあげるかもしれません。
今はスルナスルナだけど、デタデタ漏らしてくれてありがとうになります。
15年前は叱ってばかりで申し訳なかったと思うようにもなります。
犬に限ったことでなく親もそうなるし、自分もそうなります。
それを教えてくれて、予行練習までさせてもらいありがたいと気付きます。

その頃にはもうお別れの時が近づいています。

頭にくる汚れ、ホッとする汚れの両方があるとお伝えすると、物事を大きく捕らえられるようになります。
オシッコなんて拭けばいいのよ。


comments(0) / trackbacks(0) [パピー]
わたしを見て

 

 

パピーを色で決める方が多いですね..ほとんど、かな?
(ちなみにプロは色ではなく、犬を見ます)
色にまつわる質問も多く、みなさんこだわりとか、願いなどを切々とお話しくださいます。

ひとしきりうかがったところで、「イタグレは白髪が早いし、毛色は食べ物でも変わるし、年を取るとみんな真っ白ですからねぇ(笑)。けっこう変わりますよ」と申しますと、「あ? えっ?!」となります。

悩むのはわかりますが、自分の子は何色でもかわいいですよ(笑)。
やっぱり違う色が良かったなんて思わないし、我が子の色もその他も、どこもかしこも好きになります。

ちょっと考え方を変えると、特定の何かにこだわるのはナンセンスにも思えてきます。
質問の返答をしながら、こういったお話もさせていただくと、みなさんホニャ〜っと力みが取れ、守備範囲、許容が広がります。
その子の体毛だけでなく、一生の色彩に想いを馳せられるようになります。
それを踏まえて、表面だけではない「その子色」を見てみましょう。


| 1/352PAGES | >>