2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
フラックスオイル

 

 

「おハゲちゃんの救世主! オススメ品! 試す価値あり! フラックスオイル/皮毛ケア&抜け毛、まとめ買い&リピート多数 おすすめサプリ人気No.1」
ippukuで大人気のサプリです。
この12月よりボトルの形状が変更になりました。
右の背高が今までの、左のちびっこがこれからのです。
なんか少なくなったように見えますが、細長から太短になったので内容量は変わっていません(笑)。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
フード

 

 

「パピーを知らないので質問ですが。パピーフードはカロリー高いのですか?
太らせたいのですが、サイエンス・ダイエットアダルトを120g/日で少しずつしか太らないので」

というご質問をいただきました。

 

はい、パピーフードは大人ご飯より高カロリーです。
パピーフードは妊婦さんにも与える栄養価が高いフードです。

痩せすぎていても、太りすぎていてもいけません。
でも何ごとも中庸が難しいものですね。
大食漢もいれば、わたしのように小食もいます。
食べたい人が食べるのをガマンするのも大変ですが、食べたくない人が食べるのも大変なんですよ(なかなか共感をえませんが)。
食べても太らない人もいれば、食べなくても太る人もいます。

ご質問は食べるのに太らないとのこと。
もっと量を与えてもいいのかもしれませんが、多すぎるとお腹がゆるくなるものです(胃腸の仕事量を超える)。
ということは、同じ量で高カロリーなパピーフードが効率的ですよね。

いろんなメーカーの品質表示を見ると、100gあたりのカロリーは千差万別です。
太らせたいときはカロリーの高いフードを買ってみてはいかがでしょう。
なかでもアイムスとユカヌバは、触るとベタベタしているフードて太ります(特定のお名前を出してごめんなさい)。
太らせたい短期間に与え、後日また切り替えるという時に使えるフードだとわたしは認識しています。
それに粉ミルクをまぶしてみるとかね、方法はいろいろあるわけですな。

生後6ヶ月くらいで「これ以上大きくさせたくないからもう大人フードにしちゃった」とおっしゃる方がいます。
体は外見だけではありません。
子どもはこれから使っていく血や肉、骨など、中身をきちんと作る時期です。
そう考えると、ガラだけにこだわって、内側に必要なものを摂取しないのはどうでしょうね?

そして1歳の誕生日から大人フードにしました! とかおっしゃる方もいます。
犬は機械ではありませんから、1日単位で守らなくてはいけないものではありません。
イタグレは活動犬で食べても痩せちゃう傾向にあり、3歳になってもパピーフードがちょうどいいこともあるのです。

すべての物の、取扱説明書や品質表示はちゃんと目を通すことが重要です。
そして、それをふまえて、どうしようかな? 
そのカンを養っていくのが飼い主の務めであり、そのカンを養わせてくれる素晴らしいパートナーが犬さんたちです(^^)

 

毎日、毎日、犬さんありがとう!

 

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
「様子見」の意味

 

 

毛がハゲてしまったとお悩みメールをいただきました。
わたしは医者ではないので、獣医師に写真を転送してみてもらいました。

今回は、皮膚の寄生虫検査をおすすめするという診断でした。
通っている病院では「様子見」だそうですが、1週間ほどしても変化がない、悪化しているなら、再度受診しましょう。

セカンドオピニオンに尻込みする方がまだまだ多いですが、違う病院を訪れてみるのも選択肢です。

また医学会イベントを開催いたします。
根っこの趣旨は上手な病院のかかりかた。
例えば前述の「様子見」は、放置していいものでも、医者から放り投げ出されたのでもありません。
そういった医者が発する日本語の意味をみんなで勉強する会です。
病気は自分自身で治すものですし、何事も相手にだけ要求するものではありません。
患者と獣医師がうまく手を取り合い、一緒にわんちゃんをサポートしていく。
そうなれる自分作りのための楽しい勉強会です。

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
無題

 

 

ちょっとセンシティブな話題です。

 

ペットショップから子犬を迎える、迎えたという方からご相談の電話をいただくことがあります。

服屋なんですけどね、詳しそうなのでという見ず知らずの人からの問い合せが多いです。

けっこう長電話になりますが、その場でお買い物いただくことはないので無料です。

 

たとえば、予約した子犬が病気になったから他の犬に変更した方がいいかとか、皮膚病の子犬を買っても大丈夫かとか、ネットで買った犬の脚関節が外れていたとか。

誰でもご存知のペットショップだったりするので、まさか間違いなんてありませんよね? と確認したくなるみたいです。

それかもう答えは決まっていて、誰かに背中を押してもらいたいのでしょうね。

 

先日は写真で買った子犬の尻尾が折れていたという電話でした(ほんとに不思議ですが、これまた有名巨大店です)。

写真を拝見したところなかなかの状態ですが、おかあさんのお腹の中から曲がっていたと言われたそうです。

わたしはっきり言いましたね。

考えが甘いんだって。

「おかあさんそれは不良品ですよ。物を買って壊れていたら交換してもらうか、もしくは返品返金してもらいますよね。それと同じことですよ。プロの意見としたら返品交換をおすすめします。

…でもね、おかあさん。それで他の子に取り替えてもらったとしましょうよ。そうゆうことをするとね、あの時の子はどうしているだろう、幸せに暮らしているだろうか、それとも殺されてしまったのだろうかと、おかあさんは一生さいなまれ続けることになります。だから目の前にいるその子を大切に飼うんです。しっぽが折れていたって命に関係ないし、もし断尾して短くなっても犬社会はイジメもありません。目に見えない内蔵疾患があっても不思議じゃないですよ。それでも今後20年近く覚悟してその子の一生に責任を持つんです。生き物を迎えるってそうゆうことで、おかあさんはそれがもう始まっているんです。何しろ痛みを取り除くのが最優先なので、まず病院に行きましょう」

 

知ってるんですよ。

相手は知っていて、素人を舐めてるんです。

だからね、キツイの承知で、消費者も勉強しないといけない、騙す方が悪いけど、騙されてはいけないって言うんですよ。

おうちに連れてきちゃったらもうかわいくなっちゃうじゃないですか。

その瞬間に、もう自分の子じゃないですか。

物じゃないんだから、不都合があったって「交換してください」って言えないじゃないですか。

命あるものにそんなこと言えないじゃないですか。

誰がかわいそうって、人間の勝手に振り回される動物たちですから、こうゆう相談は腹立たしいですよ。

だからそれこそ素人相手でもわたし手加減しません。

きっついおばさんだと思われるだろうし、悪口言いふらされるだろうし、今後買い物もしてくれないでしょう。

でもこれからおかあさんになろうって人がへにゃへにゃしてたら困ります。

それではわんちゃんが困っちゃうんです。

 

あの電話の子はその後どうしただろう…、何年たっても思い出すたびに聞いたわたしもさいなまれます。

わたしね、ほとんどのことは取り返しがつくと思っています。

再チャレンジができると思っています。

でもね、命と愛は取り返しがつきません。

相手はぬいぐるみではありません。

覚悟を決めてから始めないといけない、始まったものは腹をくくらなくちゃいけない、そう思うんですよ。

人間は動物たちに迷惑をかけないよう、もっとしっかりしなくてはなりませんね。

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
犬の医学


ステロイド剤の服用について。
2錠飲んでいたのを1錠まで減らしてきました(含有量は書きません)。

朝4分の3、夜1
朝半分、夜1
朝4分の1、夜1
1日おきに朝4分の1、夜1

などなど彼女の体調を見ながら、量を変えたり、時間や日にちの間隔を変えたりしてきました。
獣医師からは大きなルールをもらい、「自分で工夫して」と渡されて娘の命をわたしが確保してきました。
なんと楽しいチャレンジの日々でしょう!
これぞ飼い主の醍醐味といった感です。
途中失敗して振り出しに戻ったり、組み合わせやタイミングは書ききれないほど試しました。
夜が多いのは、深夜の急変を避けたい工夫のつもりです。

そして1日1錠まで来たところで、獣医師に質問をしました。
A、1日1回1錠与える
B、朝夜それぞれ2分の1、2回に分けて1錠を与える
どちらが良いか、それともどちらでも変わらないか?
答はAの1日1回でした。
2回に分けると常にゆる〜と薬が効いている状態で、副腎皮質ホルモンを出している副腎にサボり癖がつくんだそうです(笑)。
1回だけで間隔を持たせると、少しずつ減ってきたときに「やべ、働かないと!」と副腎にカツが入る。
甘やかして不能にさせず、できるだけ体を使わせたいわけですな。
もちろん最悪の状態のときはこんなこと言ってられません。
副作用だなんだ、かわいそうだなんだ、そんなことではなく、ただただ生かすだけにすべてをつぎ込まなくてはなりません。
今回は今の娘への回答です。

通院&診断だけではないこうゆうストーリーがわたしは楽しいです(^^)
病めるときも健やかなるときも、共にしなければ飼っている意味がない!
わからないまま指示だけされるのではなく、知って行動しなければ意味がない。
病気は医者の手を借りて、本人が治すもの。
わたしの子なんだもん、いかすもころすも自分でありたいのです。
医者(他者)のせいにもしたくないし、人質のように医者に我が子を握られたくもない。
欲しいのは連携やサポートであり、先生の教えについていけるだけの自力です。

イタグレのブリーディングもしている獣医師を招き、こんな感じの座談会(千葉県)を開催したいと思っています。



comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
安心と自信

 

 

わたしは素人ですのに、なぜか病気の問い合わせもたくさんいただきます(笑)。
それを親戚の獣医師に話しますと、「病気は病院!」と言います(笑)。
具合が悪くなりわたしに電話くださる方には病院に行くことをおすすめしています(笑)。
もちろんそれだけでなく、似たような事案をご紹介したり、泣いても解決しないこと、頭をクリヤーにして対処に努めること、愛犬に笑顔を見せましょうなどもお伝えしています。

 

問い合わせの多くは、診察結果をわたしに相談なさるケースです。
「かくかくしかじか、この見立ては合っていますか?」です。
そりゃ獣医師には言えないセリフですね!(笑)
だからちょっと犬に詳しそうに見える第三者に相談、聞いて欲しいわけです。

わたしは医師ではありませんので、病気についてあーだこーだとは言いません。
なので見立ての合否は、セカンドオピニオンをおすすめします。
昨日は仙台から問い合わせがあり、仙台に住む親戚が通っている病院をご紹介したところ、さっそくセカンドオピニオンに行ってきたと連絡いただきました。
二か所で同じことを言われたら合ってると信じられるでしょ。
もし二か所違ったらもう一か所行くべきです。
二対一になるか、確認すべきです。
複数の意見を聞き、そこで自分が決断する。
自信が持てるまで調べることです。

 

元に戻るとですね、診察結果が不安というのが問題です。
なぜ信用できないのですか、ということですよね。
子犬を飼いましたという方にお話ししていますが、病気や怪我をしてから病院に行くのでは遅すぎます。
何事も下準備、予習が大切です。
どうやって病院の下調べをするか?
耳そうじ、爪切りがあるではありませんか!
500円払えばどんな先生か、反りが合うか、どんな施設か探ってこられるのです。
500円持ってあちこちの病院に行き、良さそうなところがあったら500円もって時々行くのです。
自分の犬の飼い方や、我が子のふだんの顔色や態度を知っておいてもらえば、変調に気づいてもらえるし、いろんな情報も仕入れられます。
ぷらぷら折れた骨で、この先生合ってるのかしら? この先生で治るのかしら? なんて不安スタートでは治るものも治りません。
「あなたを治してくれるのはこちらの先生よ」と愛犬にも仲良くなっていてもらわないとね(^^)
病院は元気なときも行った方がいいのですよ!
お金をお支払いすればちゃんと対応してくださいます。

 

おかあさんは心配するのが仕事で、我が子を思うと不安が募るのですよね。
でもそれを安心と自信に変えておく準備をしておかないと、愛犬を不安にさせてしまいます。
おかあさんのもう一つの仕事は笑顔です!
病気の問い合せには、こういったおしゃべりをさせていただいています。

 

 

 


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
自己免疫疾患

1年前くらい前からか、遊姫の顔に湿疹ができて痒がるようになりました

なんらかのアレルギーだろうということで、ギリギリ抑えられるていどの極少量のステロイド剤を服用することにしました


3か月ほど前から、何かのひょうしにヒャンと鳴くようになりました

触診してもどこが痛いのかわからず、レントゲンを撮ってみたところ、腰の軟骨が磨り減っているのが見えました

経年劣化では仕方がないと様子を見ていたところ、最近ヒャンヒャン痛がることが頻繁になり再診しました

痛みが強いので、1週間鎮痛剤を与えました

もちろんこれは治療薬ではないけれど、痛みが緩和されることで動きがよくなるきっかけになるかもという第一段階のチャレンジでした

その鎮痛剤とステロイド剤は重ねられないので、とりあえず1週間ステロイドはお休みしました


 

鎮痛剤の効果よりも痛みが勝っているのか、あまり効果を感じませんでした

それよりもどんどん動けなくなり、どんどん痛がるようになりました

老化現象がこんなに急降下するであろうか、何らかの病気ではなかろうかと考えを変更し、すぐに獣医師に相談しました


 

そしてここ何日かの行動をさかのぼってみたところ、ステロイド剤を抜いたことを思いつきました

ステロイドを飲まなくなったことで悪化したならば、免疫疾患による筋炎だろうとあたりをつけました

ステロイドはぐんと大量投与から始め、その後減らしていきます

スタートの量を決めた直後に喉の奥に錠剤を突っ込みました


 

飲ませた当日になんとなく当たった気配がしました

その翌日もう1錠飲ませたところで、体を動かせるようになりました

ステロイドを飲ませて効果があったということはやはり免疫疾患であったという逆算式が成り立ちます

あたりをつけて、そのカンが当たったという表現がこれです

真にもその逆からも答えがみつかることもあるわけです(重要ポイントですね!)

良くなることだけに着目せず、どうしたときに悪化したかを記憶、検証するのが重要です


 

イタグレは免疫疾患がとても多いです

人間ではありますが、一覧があります

イタグレは胃腸が弱い子が多いですよね

病院に通って胃腸薬を飲んでも長年調子が悪いと聞くと、免疫疾患かな?と思いますが、素人のわたしが言うことではないので黙っています

甲状腺機能低下やアジソン病も多いです

イタグレは自己免疫疾患が多いと知らないと、辿り着くまでに検査、検査が続いたり、けっきょくたどり着けずにいるのかもと思います

あ、ついでなので言ってしまいますが、みなさんがシモヤケと言う耳先の切れも、免疫疾患というケースがあります

寒いがゆえのシモヤケと思い込んでいる人にこれまたよけいなことは言えません

…偉そうに書いていますが、わたしはただの素人です

でも親戚に獣医師がいたり、仕事柄付き合う人々がイタグレの生態に詳しいので、一般より勉強機会が多い素人です


 

ステロイド、ステロイドと書くと、ステロイドは怖い薬なのに!と感じる人がかなりいると思われます

副作用がいろいろありますし、このようにたった一粒で激変するのだから魔法の薬ですよ!


 

例えば遊姫の場合、彼女は今年12歳になります

渾身の力で治療してやろうという時期ではないとわたしは考えます

微妙な書き方をあえてするならば、しなないていどに生きてもらう方針をとります

彼女の終わりの日に目標を設定し、過不足なくその日までそろりそろりと生かすイメージです

普通にいけば彼女の寿命は4年前後でしょうから(…難しいかな)、その数字と薬をうまく組ませ、帳尻合わせをしていけばいいと考えています


 

で、気をつけないといけないのは、ただただ遊姫に気を取られて他の子の異変に気づけないこと

監督がおろそかになってケガをさせることです

一点を見ながら、周辺視も使うのがわたしの役目です


 

自分の犬のケガや病気を書くのは本意ではなく、今まで一切書かずにきましたが、今回は免疫疾患を知っていると答えが出やすいこともあるというお話でした


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
カラーミュータント脱毛症
 

わたしがイタグレを迎えたころはほんとに少い頭数でしたが、今はそのころとはまったく違います

全体の数が増えればそれだけいろんなことが増えるわけですね

わたしのところには数多くのメールが届きますし、多くのイタグレを見る機会があります

増えました

残念ながら、とっても病気が増えました

悔しいことに、遺伝的疾患が増えました


 

その中でも増えていると感じるのは、カラーミュータント脱毛症です

ばぁば先生のページからうつさせてもらいます


 

この脱毛症を示す病気は、毛包の発育異常とメラニンの形成障害を特徴とする遺伝性のものです。
この病気は、いろいろな犬種、ブルー並びにフォーンの被毛を持つドーベル、ミニピン、ダックス、プードル、ウィペット、イタグレ、サルーキ等に見られます。
一般的に3歳くらいまでに徐々に発症し、虫食い状態と被毛の淡色化が見られ、被毛が薄くなるのに伴い、ふけがでて、ブツブツして、毛穴の細菌性の炎症を示し、最終的にはかさかさした脱毛となっていきます。
主に体幹に見られ、頭部および四肢にはほとんど見られないのが特徴です。
二次的な細菌感染性の皮膚炎がなければ、痒がらないことが多いです。
イタグレにおいては、ブルー又はフォーンの犬が、背中を中心に徐々に進行する脱毛が若いうちに見られた場合カラーミュータント脱毛症が疑われます。
獣医的には被毛を抜いて顕微鏡検査をするか、診断を確定するために皮膚生検をします。
脱毛が始まる年齢によっては、内分泌性脱毛も考えられるので(イタグレには甲状腺機能低下症もよく見られるため)ホルモンの検査をする場合もあります。
治療は特効的なものはなく、慢性に経過し、毛の生える期待も薄いです。
治療の目的は毛穴の感染症を防ぐことで、シャンプーで皮脂を落とし、その後乾燥させないようリンスをし、抗生物質を投与します。
しかしこの病気は健康には何も影響がありません、美容上の問題です。
この病気は遺伝性なので、罹患した犬を繁殖に供すべきではありません。

カラーミュータント脱毛症を淡色系の犬の遺伝病疾患の代表のように言う方がいますが、決して淡色犬の多くに遺伝しているものではありませんので誤解しないでください。



 

「美容上の問題」というのを、ぜひ理解するといいと思います

毛が薄いと気持ちがまいっている方、恥ずかしいからと真夏でも全身を覆う服を着せっぱなしの方がいらっしゃいます

犬は毛がないからと気にしたり、いじめたりしません

おかあさんが堂々としていれば済むことなのです (^^)v

人気のフラックスオイルをお求めの方々の中に、もしかして? と感じることがあります
そのときにはこれを説明して生えることは無いだろうことをお伝えしています


参考になさってください



 


comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]


犬の目は近くや細かいものを見るのは苦手ですが、動体視力は人間よりも勝ります。
犬の網膜には色を感じる細胞が少ないので、色を識別する能力は人間より劣ります。
サイトハウンドは優れた視覚で遠方の獲物を発見するので、獣猟に使われていました。
視界は犬種によって異なりますが、全般的に人間の視野よりも広く、顔の幅が狭いイタグレ、ウィペットなどは270度もの視界があるのだそうです。

しょぼしょぼと目薬をさしながら、資格試験の教科書に書いてあったことを思い出しました。






comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
えがみ動物病院

えがみ動物病院

千葉県花見川区にあります
イタグレのブリーディグもしている、とてもイタグレにくわしい院長先生の病院です

たくさんの犬種がいて、それごとの特徴や、かかりやすい病気というものがあるようです
イタグレ特有の、というときにもパパッと診断がつく利点があります
交配、出産(帝王切開ではない)、パピーの管理から年寄りのケアまで、ずずずいーと10年以上診ていただいています

先日、病院のホームページが新しくなりました
我が家のイタグレとわたしも写真掲載されています(^^)


| 1/21PAGES | >>