2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [インフォメーション]
伸びて縮んで

前脚というのは真っすぐ垂直、二本が平行、それがくっつきすぎず離れすぎないことが望ましいです。
肘が外や内に入っていることで指先が外や内に入るので、残念ながら運動をしても真っすぐにはなりません。
でも運動することで胸の前を発達させて狭くないようにさせることはあるていど可能だと思います。



ちょっと仁王立ちしちゃってる写真ですが。
指先が前を向いていて欲しいわけです。

そしてイタグレは前脚が地面に平行になるくらいに、前に高くすっすっと上がる歩様が理想です。
これは肩甲骨の角度によって前脚の角度がかわってくることに関わっています。
見てますとだいたいは上下に抜き足差し足の泥棒の歩き方のような子が大半ですね。
こうした場合は走ってもリーチが出ません(前に脚が伸びない)。
ごく一般的には美しい歩様でないこと、脚が真っすぐ平行ということも少ないです。
もちろんうちもトホホのところが盛りだくさんです。
かわいいことにかわりはないので、ご自分の犬がそうだとしてもがっかりなさることはありません。
そんなに良い犬が簡単に出るのなら、わたしは明日から繁殖家に職替えします(笑)。





最近はだいぶ一般的なペット目的でお飼いになられる方が増えたので、散歩もたいしてさせないとよく聞きますが、やはりイタグレなので走らせる方もたくさんいらっしゃると思います。
そうしたときに、やはり上記のような動きについていける服にしたいんですよね。



伸びたときもついてきて、



縮んだときもついてくる。
どっちに行ったときも、途中でつっぱって彼らの動きを妨げないことです。

わたしはよく家の中でロンパースを着せるべからずと言っていますが、「だって寒そうなんだもん」とみなさんおっしゃって、多くの人が家の中でロンパを着せています。
それで「いっぷくさんの服はつっぱらないから寝苦しくないんですよ」とおっしゃいる。
まぁそう言っていただくのは嬉しいというか当たり前の次元なんですが、もし自分がボディスーツを着て寝ることを想像するとやっぱりどうなのかなぁ〜って(^^;

この上の写真はフリースニットなので、少し伸縮性のある生地です。
伸縮性のない厚地のコートロンパースでも、これだけのイタグレパフォーマンスについていけるようにしたいんです。
遊姫がかっ跳べる服なら、だいたいの子についていける服なんじゃないかなと思っています。




よく「素敵な写真ですね」とおっしゃっていただくのですが、そうゆうことはわたしはあまり考えていません(笑)。
もちろん色柄がわかるようにもしていますが、こうゆう動きについてこられるんだなってとこを見ていただきたいための写真なわけですね。
うちの子たちは仕事熱心なので、軽く30分は微動だにせずに立っていてくれます。
ふつう型紙というのは計算で割り出しながら製図していきますが、わたしは立体裁断してから型紙を起こします…頭が悪くて計算ができないんですが(笑)。
9年間たいして変わらない服のように見えて、型紙はまったく違います。
気になると気になっちゃうので、年に3回はあちこちの角度を振り直してつねに微調整しています。


ここからはちょっと余談です。 イタグレのきゅっとくびれたウエストはきれいですよね。
だから裸が一番きれいなんですよ(笑)。
でも冬は服が必要なので、そこが服によって残念になることも避けたいのです。
お腹を長く作る女子服は女の子らしくふっくらしますが、ラインはシャープに入れ込みたい。
男子服は横のラインが長いので、ここはわたしの楽しみ(フェチ)が入れられるところです。
女性のハイヒールを横から見た時の、やや反り返ったようなキュ〜っとした色っぽい角度がありますよね。
寸法に対して体重が軽い場合はシャープな身体だということになるので、縫製途中でどんどん切って絞り込んでいっちゃいます。
だから、くどいように太らせない方がいいですよ、言うんです。




write









trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
trackback