2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [わたしの日記]
マイノリティ

 

 

金曜日の夜、NHKをちらっと見ました。

画面に「お客様は神様か?」の文字が見え、昨今客側の態度が悪すぎるといった内容でした。

 

ある居酒屋さんでは、「おい、ビール!」と注文したら1000円、「ビールください」なら定価の350円とのこと。

従業員が客からひどい扱いを受けているのを見て、自社の従業員をもっと大切にして欲しいと副社長が決めた取り組みだそうです。

 

日本はサービスが過剰で、それに慣れるとまたその上をいくサービスをする、そしてそれに慣れるとまたその上と、サービスにサービスを重ねます。

それがどんどん当たり前の感覚になり、客が過剰なサービスを求めすぎる螺旋なのだそうです。

逆らえない立場の人(マイノリティ)に対して高圧的になるのはもうやめよう、客と店は対等な人と人であることをわたしたちはそろそろ気づこうという内容でした。

番組終わりかけにほんのチラッと3分見ただけでしたが、涙が出ました。

 

仕事なんだから仕方がない、お金をいただくのだから仕方がない。

もうしわけありません、もうしわけありませんとひたすら我慢の日々です。

言い返せば仕事が減るだろう、ネットにあることないこと書かれるだろう、こんなわたしでさえ耐え続けています。

弁護士に相談しても「たかが10万取られたくらいのこと、忘れて先にすすみなさい」です。

 

行く場所が変われば立場変わり、わたしも客になりますし、みんながみんな同じく辛い立場なのは同じと思います。

みんな何かしら働いているのだから、みんなみんな耐えているはずです。

「みんなが辛いことは、いつかどこかで断ち切ろう」

代弁に感謝しました。

 


write









trackback URL
http://meiyo-yuuki.jugem.jp/trackback/3455
trackback