2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [ippuku、犬服]
背中の長さ

 

 

長文でございますが、笑ってお読みいただけると幸いです。

 

お洋服を注文いただく際に、わんちゃんの寸法を測っていただいています。
首と胸はぐるっとメジャーを回すだけなので、大して難しくありません。
誤差があっても少数でしょうし、首と胸はだいたい合ってれば着られます。

 

問題なのは「背中の長さ」です。
ロンパースは背中の一番後ろに後ろズボンがついている服です。
したがって、背中の長さより短かったら後ろまで届かず着ることすらできません。
背中より長いと後方にズボンがずり下がり、歩くたびに後ろ足が抜けたり、後ろの裾ばかりが長いような不都合がおきます。

「大は小をかねない」のがロンパースです。
何しろ背中の長さがぴったりでないと着られません。

 

しかし、ここで問題があります。
わんちゃんの背中の長さを測るのはとても難しく、多くの方が5センチも10センチも長く測ってしまいます。
短く間違えることはまずありません。

でもみなさんテキトーではなく一生懸命に採寸なさっています。
これが問題なのです。
「一所懸命に測っても長く測り間違えてしまう」ということがなかなかご理解いただけません。
多くの方が「ありえない数字」を申告していらっしゃるので、体型をうかがうため、再確認のメールやお電話をしています。
遠慮しがちに低姿勢でお伝えすると重大事項と感じてもらえず「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と笑って受け流されてしまいます。
少しずつ様子を伺いつつ言葉のグレードを上げていくのですが、最終的には「しつこい! 客が間違いないと言っているのに、それを否定するとはなんて店だ!」とお叱りをうけます。

 

ま、今日昨日のことではありません。
これを15年間毎日、何件も対応しているのがわたしの仕事と言っても過言ではありません(笑)。

 

昨日初めて勇気を出して、お客様に申し上げました。
「お客様、大変恐縮ですが聞いていただけますか。わたしは15年、5万着ほどの服を扱っているプロです。そのわたしの話に少し耳をかたむけてはいただけませんでしょうか?」
その方は一瞬ハッとして「…そうですよね」とご理解くださいました。

たとえばイタグレ7キロの背中は40センチですが、お電話でお話しした方も「48センチ」でした。
48センチは15キロ近いウィペット寸法だとお伝えしてもご納得いただけません。
わたしはこう申し上げます。
「大変申しわけありませんが40センチで納めさせていただきます。もちろんわたくしが勝手にすることですので、もし40センチで短ければ新たに48センチをご用意して交換いたします」
合わないとわかっている服を送り、後日新品にハサミを入れて直すような服をわたしはお届けしたくないのです。
仕事量が倍に増えてしまいますしね。

 

そして翌日、短く修正した40センチでぴったりだったとメールをいただきました。
https://ippuku.shop-pro.jp/?mode=f1
背中の長さ、参考になさってください。

 

笑ってお読みいただけると幸いです。


write









trackback URL
http://meiyo-yuuki.jugem.jp/trackback/3456
trackback