2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [健康、生殖、フード]
イタグレの歯

 

 

うーん、イタグレの歯(歯茎)はかなりの曲者か?

 

★歯肉炎★
Italiangreyhoundは細いアゴのわりに歯が大きいです。
しっかりした場所が確保されていないところに歯が生えているようなイメージです。
歯肉炎になりやすので、歯磨きの習慣をつけた方が良いと思われます。
4〜7ヶ月ころに永久歯に生え変わりますので、それまでに歯磨きの練習をしてください。

 

これは師匠から承ったことで、孫たちにもこれを伝授しています。
もちろん自分の犬も朝晩コツコツと毎日歯磨きしてきました。
なのにですよ。

 

「歯肉炎になりやすい」

 

この歯肉炎、命にも関わるとひしひし感じています。
歯のあたりからどんどん上がり、鼻や目が悪くなり、膿が出るようになります。
No.2は鼻水というか、膿をクシュクシュと飛ばして呼吸困難になるほどです。

まだ体の寿命が来ていないのが困ります。
それだってもう15歳にも近かったら、命取りになるかもしれない麻酔手術なんてできません。
ずっと歯磨きしてきても、傷んでくると痛みでできなくなります。
それと寿命との帳尻がうまくいけば大団円です。
もちろん劣化はしてきているものの、No.1はこのようなことはありません。
No.2は先々こうなるだろうと理由はわかっていて、夫婦で「彼女らしさ」の選択をしたので後悔はありませんが、日数がずれたとは感じています。
(一人歩きして誤解や閉塞感をうむので、ここに「理由」は書きません)

 

No.2の膿と同じ独特なにおいをご来店のイタグレさんから感じ、それでこの記事を書くことにしました。
「何歳ですか?」
「7歳です」
もちろん口にしませんでしたが、早すぎる…帳尻が合わなくなるなと思いました。

 

イタグレが罹患しやすいものの一つ、それも重篤に発展するものではないかと感じています。


write









trackback URL
http://meiyo-yuuki.jugem.jp/trackback/3458
trackback