2014122_1363380.jpg
Categories
Archives
Entries
Ccomments
Links
Profile
Others
Search
comments(0) / trackbacks(0) [わたしの日記]
ワンチャンにわたしを感じてもらう

 

 

 

「いらっしゃいませーー!💕 きゃー、かわいいイタグレちゃんですねっ❤ いい子、いい子、わしゃわしゃー😍」

 

って、わたししません。
逆に、低ーい感じでお迎えしています。
ワンチャンは見ないようにし、近寄らないようにもします。
ワンチャンからわたしに目を合わせてくるまでは、目はぜったい見ません。
知らんぷりしていると、少しずつ近寄ってきて鼻先でツンツンしてくれます♪
それからでないと挨拶もしないし触わりもしません。
(孫たちが来ても)

 

「ここはドコ? この人どんな人? 大丈夫そうかな」

 

ワンチャンにわたしを感じてもらうのが先です。
わたしが先に行くのはもう絶対ダメ。
わたしに触るのはワンちゃんで、わたしはワンちゃんを必要以上に触りません。

 

すぐに採寸、試着の方には、「場所の確認するまで好きにさせてあげてください」と申し上げています。
知らないところに来て、知らない人にいきなり触られ、みんなに押さえつけられて、得体の知らない物(メジャー)をふりかざされる。
もし自分がされたら? 恐ろしいですよね!

 

無愛想だは、測ってくれないは、感じ悪って思われているのは知っています。
でもお帰りの時間にはわたしとワンチャンの間に信頼関係ができるのがおわかりいただけると思います。

まずは場所や雰囲気に慣れてもらってからなので、わたしの接客はめっちゃ長です。
そっと静かに、ゆっくり時間をかけて、ワンチャンを尊重する接客を心掛けております。
なので飼い主様におろそかになりますことをおわびいたします。

 

 

 

 


write









trackback URL
http://meiyo-yuuki.jugem.jp/trackback/3461
trackback